時をかける表象

東大に2度落ちてもなお未だに浪人生をしているという学生の日記。記事と日記に分かれてます

【野党系男子に食べログ評価を】

2019/01/04 金曜日

 

恋人の食べログみたいなものがあればいいのになって思う

 

たとえば今、あなたはラーメンが食べたいと思っていると仮定する

そして、毎日行列が出来る食べログ4.5のラーメンと、並ばなくてもよい食べログ3.5の近所のラーメンのどちらを食べたいか、という問いを立てる

すると多くの人は、金額や空腹度や待ち時間による、と答える

でも当然その二つのラーメンが同時に目の前に置かれたとしたら、4.5のラーメンに迷わず手を出すはずだ

この4.5のラーメンは本来、長蛇の列に並んで高い金額を払わないと食べられないのに

それなのに一方で、彼女にするなら美人とブスのどっちがいい?と聞かれたら、多くの男は美人と答えるだろう

つまり、世の男は食べログ4.5の女と3.5の女が目の前に並んでいると勘違いしていて、4.5の女を彼女にするために必要な時間や金額、ライバルの多さを全く無視してしまっている

 

これは自分のメモ帳に書いてあった話で、出典は忘れてしまったのだけど、なにも男に限った話ではないと思う

彼氏と喧嘩して、彼氏のことを嫌いになりかけている時に、「ワイならそんな思いさせまへんで〜」とか言って寄ってきた男のことを優しい人だと勘違いしてしまう女は数多くいる

「彼氏はあんたのこと悲しませてもうてますさかい、ワイが絶対に幸せにしまんねん、よろしゅう頼んます」というマニフェストを掲げておきながら、結局付き合っても大して連絡を取らず、2ヶ月もすれば別れる

そんな野党みたいな男に彼女を奪われた男の涙が蒸発してできた雲が今日もどこかで雨を降らせている

本質から逸脱した問題を引き延ばして与党を叩き、啓蒙が足りてない市民の人気を取るために実現不可能な選挙公約を掲げ、いざ政権を取ったら政局を混乱させるだけの成果に終わってしまうような、いつかの野党を彷彿とさせる

政権を取ることだけに必死で、政権を取った後のビジョンが全くない

スーパーマリオブラザーズでどうしても攻略できないステージに直面した時に、「ちょいとワイに任せぇ」とかいってコントローラーを取り上げて、結局5回くらい失敗して命を無駄にしただけだったという小学校の頃の同級生に似ている

そういう小学生レベルの野党系男子に政権を奪われないためにも恋人の食べログは必要だと思う

【★☆☆☆☆ 1.0 最初はいい人見つけたなぁと思いましたが、数回利用して接客の態度が最悪だとわかりました。2度と利用したくありません。本当は1.0もつけたくないです。

 

みたいなコメントが頭上に表示されたらいいのに、って思う

もちろん毎日彼女に優しくすればいい、寂しい思いをさせなければいいという野党の意見もあるかもしれないが、野党の渾身の一撃ともいえる一過性の優しさと与党の持続的な優しさの一部分を同列に比べられても困るという話

だからそうやって野党系男子に言い寄られた時に、今、自分は食べログ1.0のマズくて臭いラーメンに言い寄られているという意識を持って欲しい

高いとは言わないまでも、食べログ3.5の彼氏を切り捨ててまで将来性のない1.0と結ばれる必要があるのかを考えて欲しい

そうして判断を誤った時、あなたの食べログにも

【★★☆☆☆ 2.0 最初の方は満足していましたが、何度も利用しているのに特別なサービスはありませんでした。もう少し常連を大切にするサービスがあってもいいと思います。】

 

と書かれる時が来るだろう