時をかける表象

東京大学文科2類。記事と日記に分かれてます。

第2回東大実戦

2018/12/11 火曜日

 

今日は駿台の東大実戦のWeb返却日

f:id:wimper458913:20181213174544j:image

安堵と焦燥が同居した気分になった

本番では毎年1日目の国語と数学が終わった後は、やったぞ、できたぞ、という気分で会場を後にするが、2日目の地歴と英語を終えると、達成感と違う方の「終わった」感が襲ってくる

f:id:wimper458913:20181211172958j:image

これは現役時の得点開示だが、実際得意な数学と、教科の特質上あんまり大崩れしにくい国語ではそれなりの点数を取れるが、2日目の地歴と英語でだいぶ大ブレーキを踏んでしまっている

まぁこれは世界史を捨てて国数英で逃げ切ろうという作戦に徹した結果だから、その特徴が顕著になっているのだが、去年も数学が60点で社会と英語が今ひとつという結果だった

だから今回の実戦模試で世界史41点、全国で28位をマークできたことは嬉しかった

というのも、二回も本試を経験したこともあって、ある程度数学や国語の本番への合わせ方みたいなものは理解しつつあるから、センターが終わるまでは英語と社会の強化に専念しようと思っていたし、その延長線上にある今回の模試で英語と社会でそれなりの結果が出たからだ

苦手な世界史でここまで点数を伸ばせたこと、そして今やっていることが間違いじゃないということが1つの安堵をもたらした

しかし生まれて初めて世界史で「全ての解答用紙を埋められる」という事態に直面したため、時間がなくて日本史の分まで解答時間を回せなかったというのが1つの課題として浮かび上がっていた

もはや自分は、問題を解けるかどうかという加点法的な点数の取り方ではなく、問題をいかに早く解けるかというステージへとたどり着いたとも言える

スピードに関して真の意味で意識する必要が出てきたのだ

そして本試の点数と打って変わって自分は今まで東大模試の数学で満足な点数を取ったことが1度しかない

何度も受けた中での1回で、しかもその1回も問題が簡単だったから完答ができたという話である

模試では点数が取れるけど本番では取れない、というタイプの人間がいるにも関わらず、自分は圧倒的に模試で点数が取れない

この謎を最後まで解明できなかったこと、そしてこのジンクスを最後まで温存してしまったことが自分にとっては残念だった

高校の時からこのことについて先生に尋ねてみても、過去問が解けるなら別にいい、本番で出来るならそれでいい、といった言葉が飛び出すばかりで、いやもちろんそれでいいんだけど、自分的には模試でも点数を取りたいとずっと思っていた

f:id:wimper458913:20181213212925j:image

 

総括していえば、もしかしたらまた数学で点数が取れないんじゃないかという心配が杞憂に終わることなく数学で点数が伸びなかったものの、1番苦手だった世界史の偏差値が1番よいという進歩も垣間見えたし、合計点になんの期待もしていなかった割にA判定ラインを偏差値2つだけ上回る判定を取ることができた

しかし今度は時間配分という課題も浮かび上がり、よくよく考えれば国語の第1問ができなかったこと、英語ももう少し点数を伸ばしたいなんてことに心が寄り道してしまって、結局もみくちゃになった精神状態に安堵と焦燥が手を繋いでこちらを見ている気がした