時をかける表象

東大に2度落ちてもなお未だに浪人生をしているという学生の日記。記事と日記に分かれてます

後楽園

2018/09/23 日曜日

 

今日は岡山に行った

ゲスの極み乙女。のライブに参戦するために

寝坊気味の朝は毎度のこと

新幹線で約20分かけて岡山駅についたのが12時過ぎ

f:id:wimper458913:20181003003003j:image

イヌとサルとキジに加えて、ハトまでも仲間に入れたみたい

チア☆ダンを見て、福井駅に恐竜がいることを知ったし、各駅になんかしらのモニュメントがあるのかな、と思った

 

ライブまでに時間があるので後楽園に行く

f:id:wimper458913:20181003003900j:image

バスに揺られること12〜13分

見渡す限りののどかな風景、遠くに風車が見えるような気さえしてくる

後楽園は日本三名園の一つに数えられる

後で調べたら元禄期の庭園らしい

f:id:wimper458913:20181003004308j:image

 

入り口からはいってすぐの景色がこの写真

どこまでも遠い気がして、まるで浜辺で水平線を見ているような気持ちになる

でも歩いて見たら意外とそんなに広くなくて、延々と同じ景色になんだか気持ち悪くなってきそうになる

この風情を十分に理解するにはまだ未熟ということなのか

うっすらと遠くに見える岡山城に打ち負かされたような気になる

城というものには、黙して語らずの大黒柱といった雰囲気があって、それが奥ゆかしいし、不気味だとも思う

小学校から高校まで、ずっと学校の校舎や運動場から姫路城が見えていたからこその感想

f:id:wimper458913:20181003004913j:image

 

少し高い丘みたいなところから撮るとこうなる

どうしても半分くらいしか一枚の写真に収めることはできなくて、庭園×高さ÷2ってこういうことなのかとも思った

f:id:wimper458913:20181003005644j:image

 

余談になるが、とりあえずカラスが多くてびっくりした

それも、なんか野生の凶暴なカラスって感じで、普段カラスなんて見ないからか、普通に不気味だった

自分が5歳くらいの時に、父の友人がくれた初代PlayStationの「夕闇通り探検隊」というソフトの冒頭に人面ガラスというのが出てくるのだが、それ以来カラスが怖かったりもする

ちなみにこの「夕闇通り探検隊」はホラー系のゲームなのだが、チームが解散した後かなんかに爆発的な人気が出たため、今ではメルカリでも1万円はくだらないプレミアソフトになっている

ただ怖いだけのホラーではなく、学校で噂を集めて実証しに行くなかで中学生特有の思春期の錯綜した感情を見事に描き出されている、らしい

自分がやっていた頃は小学校に入学する前だったので、中学生ってトイレで噂話の情報収集するんだ、くらいにしか思ってなかったが

 

完全に余談でがっつり脱線してしまったので、ライブのことについては明日書くことにする

長くても1000字と自分なりに決めている