時をかける表象

東京大学文科2類。記事と日記に分かれてます。

豚骨ラーメン発祥の地

2018/08/14 火曜日

 

11時45分に起きる

さすがに焦った

昨日は家族3人ともあんまり寝付けなくて適当に話していたけど、さすがに昼ごろまで寝るとは思わなかった

焦ってFIFAの宝探しイベントを終わらせながら、今日の予定を立てる

そうこうしているうちに今日は父方の従兄弟が来た

19歳の男、小学6年の男、小学5年の女の三兄弟

次男と長女は自分と遊んだことを覚えてないらしいが

ドンと構えたお母さんと、父の弟の5人家族

この家族は祖父母の家の近くに住んでいて、結構子供は祖父母の家に入り浸っているらしい

この次男とラーメンを食べに行った

何もわかってない祖父の嫌味ったらしい過度な期待の裏返しに苦しめられていた彼を父が救い出そうとしているもあるのかと個人的には思った

 

f:id:wimper458913:20180816220138j:image

久留米市が豚骨ラーメンの発祥ということは市民の常識らしい

関西の豚骨ラーメンというと、到底人間が食べる食べ物とは思えないほどドロドロしたスープを「本場!九州の味!!」という看板とともに売り出し、何も知らない関西人が美味しいと言って得意げに食べているような、本当に幸せなのは無知な人間だということを再確認できるツールに過ぎないが、本当の本場の味はサラッとスープが飲めてしまう

シンプルに美味しい、といったものである

まぁこれが関西人の口に合うのかどうかは知らないが

というかどうせひねくれ者の関西人は「いやいや、こんなん全然本場の味ちゃいまっせ〜笑笑」とか言うかもなとか思いながら食べていると、隣の席の中年の男が話しかけてきた

この店の常連だと言うその男は「兄ちゃんはラーメンのスープば全部飲まんとね?」と聞いてきた

「俺はね、器の底に何か書いとるかもしれんけん、最後まで飲み干すようにしとっとよ」

でも自分の器の底にも、その男の器の底にも何も文字は書いてなかった

『いや嘘やろ、常連やったらここの器の底になんも書いてないことはずやん』と対応すると、その男は何も言わずに笑ったあと、「やっぱ関西の人はおかしかね」と言った

おかしいのはあんただと言おうかと思ったが、この「おかしい」はinterestingやamusingなのか、それともfunny、もっと言えばstrangeのニュアンスを含むのか、瞬時には判別できなかった

言語の壁は厚いなと思った

そのあと市民ホールで従兄弟の長男と合流した

公務員試験に向けて勉強しているらしい

この市民ホールは1時間100円で体育館を借りられるし、200円でトレーニングルームも使える

高校にあったトレーニングルームの2倍くらいの広さで、のどかな景色を見ながらルームランナーや自転車を漕ぐことができる

f:id:wimper458913:20180816223745j:image

まぁこの市民ホールまでの道のりを歩いたり自転車を漕いだりすればいいだけの話だと思うが

そのあと母方の実家でご飯を食べた

とは言ってもほとんど自分は食べてないが

母方の実家では母と祖母が話しており、自分と父はほとんど会話に入れなかった

退屈だった自分は走って最寄りの無人駅まで行った