時をかける表象

東大に2度落ちてもなお未だに浪人生をしているという学生の日記。記事と日記に分かれてます

みんな空の下

2018/07/07 土曜日

 

今日も雨で休講

こんなに広範囲に激しい雨が降ったことが今まであるんだろうかって思う

でもどんな人にもこの雨は降っている

本当は大したことないのに口を開けば「忙しい忙しい」と言う専門学生も、宗教にどっぷりハマった説教好きな女教師も、性行為の目的を履き違えたバカでマヌケな冴えない男も、「俺からの熱いメッセージを伝えたい」と言いながらカバー曲しか歌わないような売れないミュージシャンも、誰とでも何人とでも接続可能なフリーWi-Fiみたいな安い女も、自分の正しさを振りかざしてデモを起こす政治団体も、「デモデモデモデモそんなの関係ねぇ」と10年以上言い続けているお笑い芸人も、汚い毛布と新聞紙を持って駅裏を歩いているホームレスも、責任転嫁がお得意の国会議員も、地元が1番とか言いながら地元を離れる愚か者も、ネットの意見を鵜呑みにしている専業主婦も、タバコとコーヒーの過剰摂取でドブのような口臭を放つおっさんも、今日やっと再会できた織姫と彦星でさえもこの長雨を眺めている

物思いに沈むようなどんよりとした天気を媒介にしてみんな繋がっている

みんなこの雨空の下で、死ねば誰もが0になる

だったら優劣なんてないじゃない

今日も地球が丸い

だから全て丸く収まる

人間は自然の摂理には敵わない

でも抗おうとするのもまた人間