時をかける表象

東大に2度落ちてもなお未だに浪人生をしているという学生の日記。記事と日記に分かれてます

ベルギー戦

2018/07/03 火曜日

 

全然関係ない自分でも悔しさから立ち直れないでいる

朝3時キックオフのベルギー戦

決勝トーナメント1回戦で日本はランキング3位のベルギーと戦った

日本は今回で3度目の決勝トーナメント進出だがどれも1回戦敗退

8年前の南アフリカワールドカップでは日本がパラグアイにPKで敗れたのを今でも鮮明に覚えている

でも今回の日本代表は違った気がした

スピード、身長で優位なベルギーの猛攻に耐えて前半を同点で折り返すと、後半には柴崎のスルーパスから原口のゴールで先制

その数分後には香川のパスから乾の無回転シュートで追加点を奪うと2-0で日本がリード

どちらも本当に芸術的なゴールで、ゴールだけが注目されるけど柴崎、香川のアシストもよかった

本当に勝てると思った

多分選手もサポーターも監督だってそう思ったと思う

しかし偶然のようなゴールでベルギーが1点を返すと、完全にベルギーの流れになった

西野監督が試合後のインタビューでボソッと言ったように、本気のベルギーがそこにはあった

日本も長友乾大迫ラインで何度かチャンスは作れていたし、途中交代の本田圭佑フリーキックも8年前のデンマーク戦前半で見せたあの伝説のフリーキックを彷彿とさせるものだったが、それでもベルギーの攻撃の方が勢いがあった

そして同点に追いつかれた後半のアディショナルタイムに、日本のコーナーキックからベルギーが鮮やかなカウンター攻撃で逆転した

そのままあっけなく試合終了

ラスト1分の一瞬で日本の敗退が決まった

でも日本の選手は健闘したと思う

香川と本田が共存することがあるんだなとも思ったし

おっさんジャパンは3連敗で敗退するという下馬評を見事に覆してベスト16になった

ただかつて本田圭佑が言ったように「個を高める」ことの必要性を痛感した

西野監督の采配が悪いというより、ベンチとスタメンのレベルが違いすぎると思った

相手は途中交代の選手がちゃんと得点に絡んでいるわけで

柴崎の酷使、そして土壇場での交代は層の薄さを物語っていたように思える

しかし香川のようにゴール前で焦らずにアシストできたり、長友や昌子や酒井のように外国人に当たり負けない選手も出てきた

パス回しに賛否両論が生まれた時、日本にも強豪のサッカーが求められていることを認識した

間違いなく日本国民に勇気を与えてくれたと思う

自分もそんな人になりたい