時をかける表象

東大に2度落ちてもなお未だに浪人生をしているという学生の日記。記事と日記に分かれてます

ポーランド戦

2018/06/28 木曜日

 

今日は帰ってポーランド戦を見る

フジテレビで放送されるからテーマソングはRADWIMPSカタルシス

スタメンが今までの2試合とガラッと変わって、大迫も乾も香川も原口も長谷部も本田も出てなかった

ポーランドはすでにグループリーグ敗退が決まっていて、日本は負けなければ決勝トーナメント進出決定という状況だった

もっと言えば負けてもコロンビアとセネガルの試合結果によっては決勝トーナメントに進めるという、圧倒的有利な状況だった

単純な確率論的に言えば、まぁ間違いないだろうといったような感じで報道もされていた

しかし実際はそんなに容易いものではなかった

主力を温存しているためか、チャンスが多かったにも関わらず、ポーランドの屈強な最終ラインをかいくぐってゴールを決めることは最後までできなかった

初先発の宇佐美や武藤が、自分で結果を出すことだけに固執していたように思えた

この前までの長友乾大迫ラインに比べて連携が取れてなかった

ポーランドは敗退が決まっているからか、日本の最終ライン付近まではボールを追わず、ひたすらカウンターを仕掛けるのを狙っているようで、日本のボール支配率が高いのにゴールを割れないという嫌な状況が続き、ポーランドのセットプレーから先制を許した

先制を許してからもポーランドの猛攻は続き、試合終了に近づくにつれて完全にポーランドのペースになっていた

川島のファインセーブと相手のミスがなければもう1〜2点は決められていたと思う

ちょうど裏でコロンビアがセネガルに先制し、このまま2試合とも試合終了すればフェアプレーの差で日本とコロンビアが決勝トーナメントに進めるという状況になった

これがわかった瞬間、西野監督は長谷部を投入し、日本はパス回しを始めた

負けているチームがパス回しをしているという前代未聞の事態が発生し、会場ではブーイングが飛び交っていた

自分も最初はなんだこのクソ試合は、と思った

セネガルが1点決めてコロンビアと同点になれば日本はグループリーグ敗退となる

敵がそれぞれ別の会場にいるという状況下で、西野監督は戦略的撤退を選んだ

もちろん見ていてワクワクするような試合ではないが、この決断は普通の人間には出来ないと思う

ここでセネガルが追いついて日本がグループリーグ敗退となれば、西野監督は戦犯として猛烈に批判を受ける

もしかしたら監督人生が終わるかもしれない

そんな中であらゆるリスクを計算した上でパス回しに徹した西野監督の力量を称賛したいと自分は思う

もちろんお金を払って現地で観戦していたサポーターがブーイングしたくなる気持ちもわかるが、このプレーを叩いている人々の多くがお金も払わず「勝手に」テレビの前で応援している、もっと言えば好き勝手に批評しているだけである

テレビの前の私たちの声援やブーイングは残念ながら現地まで届いていない

「こんな勝ち方でなにがサムライだ」という人までいるが、目先の世間体だけにこだわって愚策を選び、そのまま無意味に玉砕することがサムライだというのか、と聞きたくなる

監督だって賛否両論あるのはわかっている

成功しても非難されるのを知りながら国益のためにパス回しという指示を出した

結果的には主力を温存させながらグループリーグ突破という功績を残した

ルールに則った上での戦術を批判するなら、ルールそのものに問題があるように思う

相手のカウンターが勢いを増して、日本の決定機が少なくなっているというあの状況で最善の策を数分のうちに見出し、それを実行する

綺麗事だけで世界を相手に出来ないということを知った上での行動だと思う

最初は自分もそれに気付かなかった

天才の思考回路は大多数の凡人には理解されない

「正々堂々と戦え」なんて抜かしている腑抜けは、自分が今まで逃げてきたことを忘れるほど記憶力が悪いか、戦略的撤退の価値を理解できないほど理解力がないのか、あるいはそれを知っていながらそれが最善だと気付かないほど判断力がないのかのどちらかであろう

幸いもう少し日本代表の試合を観戦できることになった

自分は誰がなんと言おうと日本代表を応援したいと思う

なにがなんでも勝利を収めたいという意志を彼らに見出したからだ