時をかける表象

東大に2度落ちてもなお未だに浪人生をしているという学生の日記。記事と日記に分かれてます

コロンビア戦

2018/06/19 火曜日

 

今日はワールドカップのコロンビア戦

テレビの前で観戦するのを楽しみに1日を過ごす

キックオフから最後の笛が鳴るまでハラハラだった

前半2〜3分でワントップ大迫のトラップ、シュートからこぼれ球を拾った香川のシュートを相手がハンドで止めて1発レッド、ここでPK

このPKを香川が決めて先制点

ここから最後まで人数的に優位な状態でプレーをすることになる

とりあえず長友の運動量すごかった

前半の最後には長友のクリアミスから長谷部がファールして川島のゴール内セーブという形で失点にはなったけど

長友がチームに貢献した部分が多すぎる

乾は結構トラップミスも多くて飛ばされまくってた

乾と香川が比較的調子悪かったように思えた

乾は後半守備で取り返したけど

香川は中盤ほとんどボール触ってないし

後半25分ごろ本田が香川と交代して、すぐのコーナーキックに大迫が合わせて2点目

結局このまま2-1で勝利したわけだけど、ロドリゲスがピッチに入った時には大きな歓声だったのに、本田が入った時は普通だったのがなんだかなぁという感じ

本田のフリーキックでいいところに蹴ったのが良かったと思う

大迫は前半に何回か決定機を作ったり、後半にはゴール前で酒井のシュートを演出したり、ワントップなのに2人のシュートを続けて止めたり、半端ないってって感じだった

原口と柴崎も攻守で活躍できていた

特に後半2点目を取るまでは日本は縦のパスを意識するようになって、高い位置でボールをキープできていたが、ほとんどの攻撃が柴崎のパスから生まれていた

今まで意識してなかったが何気に柴崎うまいな、と思った

2点目を取ってからは本田が好きなじっくり横パスでボールを回していくスタイルでロドリゲスをイライラさせていた

点数的にも人数的にも優位だったのもあって、日本の方が落ち着いて処理できていた

もちろん課題も多かったと思うけど

特にゴール前での周りの見えてなさ

でも日本は前半と後半のプレースタイルがガラッと変わっていて、ハーフタイムにどんなことが起こったのか知りたくなった

柴崎、昌子の起用、本田の交代もバッチリ当たっていた

これらは全て監督の采配が素晴らしいからだと言えると思う

最後まで全員が集中してプレーできていた

これからも日本代表を応援し続けたい

そう思わせる試合だった