時をかける表象

東大に2度落ちてもなお未だに浪人生をしているという学生の日記。記事と日記に分かれてます

中世ヨーロッパの遠隔地貿易

10〜11世紀頃から封建社会が安定し、荘園内の農業生産が増大すると、西ヨーロッパ経済に新しい動きが見られるようになった。人口は急速に増加し、開墾と移住が盛んに行われた。また、各地に余剰生産物の交換を行う定期市が開かれ、停滞していた商業が再び活況を呈してきた。さらに、ムスリム商人やヴァイキングの商業活動によって貨幣の使用が進むと、商人たちの中には安全で交通の便利な場所に商人集落を形成するものも現れた。それらは荘園内の手工業者などを吸収し、しだいに中世都市に発展した。(=「商業の復活」)
ケルンやミラノといった古代以来のカトリック教会の司教座都市でも、商業の復活とともに商人集落が都市の外側に形成され、司教の保護下に繁栄し、やがてそれぞれの都市に統合されていった。
交易の範囲も、当初は都市と近郊農村との局地的なものであったが、十字軍などの影響で遠方との交易路が開かれると、遠隔地商業がさかんになった。その中心をなしたのが地中海地域と北海・バルト海地域の二大商圏である。

①地中海商業圏
イタリアのヴェネツィアジェノヴァ・ピサなどの海港都市が東方貿易により香辛料や絹織物といった奢侈品を輸入し、フランドル・フィレンツェ産の毛織物やアウクスブルクを中心とする南ドイツ産の銀を輸出。内陸のミラノフィレンツェが毛織物や金融業で栄えた。

北ヨーロッパ商業圏
北ドイツのリューベック(ハンザ同盟の盟主)・ハンブルクブレーメンが木材・海産物・毛皮などの生活必需品の取引で栄える。フランドル地方アントウェルペンブリュージュ・ガンは毛織物業の興隆を背景。イギリスではロンドンが北海貿易の中心で、フランドルに毛織物の原料である羊毛を輸出した。

③フランスのシャンパーニュ地方
地中海商圏と北海・バルト海商圏を結ぶ内陸部で、定期的に大市が開かれ、各国の物産が取り引きされてにぎわった。

このほか、ドイツではライン川沿いのケルン・マインツドナウ川上流のニュルンベルクミュンヘンが、フランスではセーヌ川沿いのパリ・ルーアンやローヌ河谷のリヨン、ガロンヌ川下流ボルドーなどが繁栄した。