時をかける表象

東京大学文科2類。記事と日記に分かれてます。

記事

累進課罪

2019/06/09 日曜日 小学校の時、どうも好きになれない男がいた 家が貧しくて家庭環境が悪いのは仕方ないとしても、それを口癖のように自虐し、「俺もお前みたいな人になりたかったわ」「ええな、お前は」と目を細めて言ってくる 何をしても鈍臭く、影で悪口…

陸上部での自己紹介

2019/06/02 日曜日 誕生日とか五月祭とか関東インカレとか、いろいろ書きたいことが山積みなのに、マジでALESAと種々のレポートに執筆欲を吸われてしまって1ヶ月近く更新できてないんですけど、今回は陸上部のブログに自己紹介を書くことになったので、それ…

令和の自分へ、令和生まれの我が子へ

2019/04/30 火曜日 平成最後の日は朝から雨だった 久しぶりの学校は4限からだった 部活は雨なのに外練だった 初めて練習終わりのミーティングで喋った 元号が変わっても自分の生活が急変しないことは知ってるし、多分みんな知ってる けどテレビのニュースも…

NHK税を導入したい

2019/04/23 火曜日 自分がNHKについて思うのは、どうしてNHKの受信料を何かしらの税に組み込まないのか、ということである 自分は一応受信料を払っているが、「俺は払ってない」「テレビないです、みたいなことを言って何分か粘ったらイケる」みたいなことを…

怪我と無縁な集団

2019/04/20 土曜日 10時からの練習を忘れていた自分は、9時15分ごろにベッドから飛び起きた 急いで支度をして駅までの道でウォーミングアップを済ませ、最寄りのスーパーでバナナを買って電車に飛び乗った 練習前にバナナを食べるべきかどうか、もし食べると…

5.浪人生へ

4.高校生へ→https://wimper458913.hatenablog.jp/entry/2019/04/18/222637 浪人の1年はマジで早いです。 予備校によるけど無限にサボれますし、気がついたら夏になってます。 だから一から基本事項を細かくやるのではなく、とにかく問題演習を積んでください…

4.高校生へ

3.不合格の原因について→https://wimper458913.hatenablog.jp/entry/2019/04/17/172359 高校1〜2年生の皆さんはまず志望校を早めに決定してください。 そしてその大学について入試に関する情報だけでなく、キャンパスライフや卒業後についてまでも明確にイメ…

3.不合格の原因について

2.努力と才能について→https://wimper458913.hatenablog.jp/entry/2019/04/15/183123 という私も2度受験に失敗しました。 現役の時は演習量の不足、一浪の時はシュミレーションの不足が原因だった気がします。 私自身が東京大学を本格的に志望したのは高1の…

2.努力と才能について

1.教員や講師について→https://wimper458913.hatenablog.jp/entry/2019/04/02/213043 俗にいう難関大に合格している人は世間が思っているほど全知全能ではないです。 というか尊敬も込めて頭おかしいと思ってます。 思春期の多感な時期に、いろんな誘惑に負…

1.教員や講師について

序文→https://wimper458913.hatenablog.jp/entry/2019/04/01/191109 ここでは予備校の講師や学校教員について触れます。 まず、よほど高いレベルの集団に属していない限りは、基本的に彼らのほとんどは東大生でもなければ医学部生でもないです。 ただ彼らは…

「受験生だった頃の私へ」

どうも、今年2年の浪人生活を経て東大文科2類に合格した者です。 受験を山に例えるなら、少なくとも文系では東京大学が山の頂上であり、私はその頂点に到達できました。 しかし、私はその頂点に至るまで、浪人という回り道をしたのも事実です。 頂点にたどり…

自分のいちばん長い日

2019/03/10 日曜日 今日は運命の日 前期試験の合格発表だけでなく、R-1の決勝と3年A組の最終回もある まず今日は緊張で寝られなかった 8時30分ごろから断続的に睡魔が断末魔の予言みたいに襲ってきて、11時から布団を被ってさんまの駐在さんの残りを見たが、…

童話「町工場の手袋」

2019/01/29 火曜日 童話を書いてみました。 ________ 「町工場の手袋」 昔、あるところに1つの手袋がありました。 持ち主は町工場でアルバイトをしている少年。 バイトが終わって少年が着替えると、いつも手袋は靴下の天野くんや、インナーのジャックくんか…

【「3段階のコミュニケーション」】

2019/01/09 水曜日 いきなりですが、現代文の解き方には3つの手順があると思います。例えば第1段落で部活がきついという話、第2段落で好きな人の話、第3段落でまた部活の話がされている文章があったとします。 この時、部活の話で始まって部活の話で終わるわ…

【野党系男子に食べログ評価を】

2019/01/04 金曜日 恋人の食べログみたいなものがあればいいのになって思う たとえば今、あなたはラーメンが食べたいと思っていると仮定する そして、毎日行列が出来る食べログ4.5のラーメンと、並ばなくてもよい食べログ3.5の近所のラーメンのどちらを食べ…

手段が目的へ転化する弊害

2018/12/10 月曜日 今年も日本一の漫才師を決める大会、M-1グランプリが開催された もう細かい説明はしなくてもいいような大会だと思う 所々しかリアルタイムで見なかったが、録画したものを数回見た感想としては、放送後の事件も含めてスゴイ大会になったな…

桃太郎 中

2018/11/13 火曜日 恋人の桃子は桃太郎の家を訪ねていました。桃太郎の帰りを待つためです。「あら、桃子ちゃん、いらっしゃい。」不安を隠しきれない桃子と対照的に、いつもと同じような様子のお婆さんが出迎えます。「ちょっと、カレーでも食べて待ちまし…

桃太郎 上

2018/11/12 月曜日 桃から生まれた桃太郎は、恋人の桃子の反対を押し切って鬼ヶ島へ鬼退治に行く。 もう何匹の鬼を退治したでしょうか。人間離れした桃太郎の強さに鬼の首領までもが降伏した時でした。桃太郎は疲れ切った顔で呟きます。「もうこの世界から消…

【「年相応」の生き方】

2018/10/28 日曜日 「年相応」という概念を無視してはいけない 恋人も友達もいないような学生時代を送り、青春から1番遠いような猛勉強の末、医者や政治家になり、40歳を過ぎた頃に先生と崇められるようになった男が、したたかで下劣な女とのスキャンダルで…

【なぜスタバの新作は同じ味なのか】

2018/10/21 日曜日 今日はスタバの新作を飲んだ 今回の新作はハロウィン仕様になっていて、魔女とプリンセスの2パターンがある どちらもアップルコンポートが入っていて、1つ590円 毎度のことだがスタバの新作は高すぎる 高杉新作である 強いて言えばプリン…

【プリクラの中の「私」が私を殺しにくる】

2018/09/17 月曜日 もしプリクラの中の「私」に自我が芽生えたとしたら、きっと私を殺しにくるだろうと思う 自分とそっくりで、それはそれは醜い現実の私を殺しにくるに違いない プリクラを写真の1枚目に、2枚目には普通の写真を載せた投稿スタイルを昨今のS…

【腎機能的社会変革】

2018/09/07 金曜日 自習室でメガネを外して気持ちよさそうに眠っている女の子の肩をちょこっと叩いて、「もう授業始まっとるで」と起こしてあげました いきなり起こされて、何が何だかわからない様子のその女の子は、急いで時計を見てあたふたし始めました …

2018/07/06 金曜日 女には恋人がいた 女は東京で音大に通っているバイオリニストの卵 恋人の男は地元群馬の大学に通っている大学生で、歳はどちらも21歳 2人は高3の時から付き合い始めた 女は上京しているが、遠距離恋愛というほど距離は遠くない しかし女は…

【なぜ授業は延長するのか】

2018/06/16 土曜日 なぜ教師は平気で授業を延長するのか チャイムの音が聞こえていないのかと思わせるほど悪びれもせずに 例えば、時間割を見ながらこんなことを言う生徒は多い 「1時間目数学、2時間体育、3時間目国語、4時間目数学、えっ?また数学?」 で…

【ラブストーリーベースボール】

2018/06/15 金曜日「お前ストライクゾーン広いなぁ」というセリフは赤外線のようにこの世を飛び交っているそれを聞くと、人間関係というのは野球に例えられるのではないかとふと思った 例えば勉強もできてスポーツ万能の子はエースで4番と言うにふさわしいど…

サザエさんから学ぶ隔世遺伝

2018/06/10 日曜日 今日は予備校が閉館 一日中家から出ない 「ちびまる子ちゃん」を見た 作者のさくらももこさんは1965年5月8日生まれ 母と同じ年、自分と同じ日に生まれたことになる 今回は1話しかなくてびっくりした そのあと「サザエさん」を見た ほとん…

【恋人という乗り物】

自分にとって恋人とは乗り物のようなものである 自分もまた彼女にとっては乗り物である F1のようなレースに出る時を考えて欲しい 異性を車に例えるなら、世の中には35億以上の車があることになる 今乗っている車よりもスピードの速い車、小回りのきく車はい…

小説家の卵

2018/05/28 月曜日 午前11時30分 ある男は電話が鳴るのを待つ 彼は28歳、冴えない小説家の卵 今日は国内有数の文学賞の発表日 受賞者には今日の正午に電話がかかってくる、らしい 彼がその電話を待つのは今年が初めてではない 受賞すれば賞金がもらえるし、…

【テーマ】唐宋変革

①政治面 (a)唐=「皇帝と貴族による合議体制」 唐は律令制を確立して学科試験に基づいた科挙を実施したが、門閥貴族の子弟は父祖の位階に応じた官職が与えられる蔭位の制によって任官した。門閥貴族は上級官職を独占して大土地所有を行い、門下省において政策…

中世ヨーロッパの遠隔地貿易

10〜11世紀頃から封建社会が安定し、荘園内の農業生産が増大すると、西ヨーロッパ経済に新しい動きが見られるようになった。人口は急速に増加し、開墾と移住が盛んに行われた。また、各地に余剰生産物の交換を行う定期市が開かれ、停滞していた商業が再び活…